CoD:BOCW 推奨スペック&おすすめゲーミングPC

Call of Duty: Black Ops Cold War(以下CoD:BOCW)PC版の発売日は2020年11月13日。

マルチプレイ(オンライン対戦)では6vs6・12vs12・20vs20の撃ち合いだけでなく、
マップによっては攻撃ヘリ・戦車などの乗り物も登場します。

CoDシリーズ他のゲームに比べて低スペックPCでも快適にプレイできることで有名。

最新作CoD:BOCWはどれくらいのPCスペックが必要なのか?ゲーミングPCはなにを選べばいいのか?ご紹介いたします。

今回ご紹介する3台はコチラ。

ゲーミングPC【三選】

ガレリア XA7C-R37ガチ勢におすすめ
ガレリア RM5C-G60Sエンジョイ勢におすすめ
ガレリア ZA7C-R38最高峰を求める方におすすめ

【CoD:BOCW】必要スペック・推奨スペック【公式】

CoD:BOCW製品版の公式スペックが公開されました。

今作からeスポーツなどの競技向けスペックやレイトレーシング向けスペック、4K向けスペックも発表されています。

必要スペック(最低動作環境)

  • OS:Windows 7 64Bit (SP1) / Windows 10 64Bit (バージョン1803以降)
  • グラボ:Nvidia GeForce GTX 670・GTX 1650 / AMD Radeon HD 7950
  • CPU:Intel Core i3-4340 / AMD FX-6300
  • メモリ:8GB
  • 容量:マルチプレイのみ 50GB・全モード 175GB
  • DirectX:DirectX 12

必要スペックはGTX1650の場合フルHDの最高画質では快適にプレイできません。ただ中画質まで下げると平均75fps低画質まで下げると平均85fpsまでアップし、安定して60fps以上で楽しむことができます。(ベータテスト時のフレームレートです。)

推奨スペック(推奨動作環境)

  • OS:Windows 10 64Bit(最新のサービスパック)
  • グラボ:NVIDIA GeForce GTX 970・GTX 1660SUPER / AMD Radeon R9 390・RX 580
  • CPU:Intel Core i5-2500K / AMD Ryzen R5 1600X
  • メモリ:12GB
  • 容量:175GB
  • DirectX:DirectX 12

推奨スペックはGTX1660SUPERでプレイするとフルHDの最高画質で平均80fpsを快適で楽しめ、低画質まで下げると平均144fps安定して100fps以上のヌルヌルプレイができます。(ベータテスト時のフレームレートです。)

レイトレーシング推奨スペック

  • OS:Windows 10 64Bit(最新アップデート済)
  • グラボ:NVIDIA GeForce RTX 3070
  • CPU:Intel i7-8700K / AMD Ryzen 1800X
  • メモリ:16GB
  • 容量:175GB
  • DirectX:DirectX 12

レイトレーシングをONにして楽しみたい方におすすめのPC環境です。

高フレームレートを求める方向けスペック

  • OS:Windows 10 64 Bit(最新アップデート済)
  • グラボ:NVIDIA GeForce GTX 1080・RTX 3070 / AMD Radeon RX Vega64
  • CPU:Intel i7-8700K / AMD Ryzen 1800X
  • メモリ:16GB
  • 容量:175GB
  • DirectX:DirectX 12

RTX3070と同等の性能のRTX2080TiでフルHD&最高画質でプレイすると平均130fps低画質なら平均170fps。(ベータテスト時のフレームレートです)レイトレーシングOFF&高フレームレート&高リフレッシュモニターでプレイしているeスポーツプレイヤーなどにおすすめのPC環境です。

4K解像度&高フレームレート&レイトレーシングを求める方向けスペック

  • OS:Windows 10 64 Bit(最新アップデート済)
  • グラボ:NVIDIA GeForce RTX 3080
  • CPU:Intel i9-9900K / AMD Ryzen 3700X
  • メモリ:16GB
  • 容量:250GB
  • DirectX:DirectX 12

4K&最高画質&レイトレーシングをRTX3080でプレイした場合のフレームレートは平均85fps。(ベータテスト時のフレームレートです)とにかく高解像度で快適に楽しみたい方におすすめのPC環境です。

以上がCoD:BOCW公式から発表されたPC環境になります。

予算別おすすめの一台

【CoD:BOCW】おすすめのPCスペック【当サイト調べ】

BTOパソコンはたくさんあります。

そんななかどれくらいのPCスペックがあれば快適にCoD:BOCWを楽しめるのかご紹介いたします。

グラボ ● GTX1660SUPER以上あればフルHD&最高画質で平均80fps、快適に楽しめる。
● RTX3070以上ならフルHDの最高画質で100fps台のヌルヌルプレイができる。
● プロ志向の方にはフルHDの低画質で平均260fpsでるRTX3090がおすすめ。
● RTX3090あればフルHD・WQHDでヌルヌル、4Kで快適。
CPU ● CoD:BOCWをするだけならIntel Core i5-11400以上。
● 配信や録画・動画編集もするならIntel Core i7-11700以上。
● RTX3070以上ならIntel Core i7-11700以上ないとグラボの足を引っ張る。
メモリ ● 16GBあれば十分。
● 配信・録画・動画編集も16GBあればできる。
● 4Kで配信・録画・動画編集するなら32GBはほしい。
ストレージ ● ゲームをするだけなら最低500GB必要。
● 録画するなら1TB以上必要。
● 4Kの録画は2TB以上必要。
おすすめの組み合わせ

グラボは『GTX1660SUPER』

CoD:BOCWのようなFPSゲームはスピード=高フレームレートが求められます。

できることならフルHDの最高画質で100fps以上はほしいところ。

『フルHD以上&最高画質&100fps以上』をおすすめする理由は、
低画質では画面が荒く、遠くの敵を見落としてしまいますが、
フルHD&最高画質にすると一気に視認性がよくなり
物陰に隠れながら動いている敵も見つけることができるようになります。

CoD:BOCWはVIP ESCORTのようなモードでは協力プレイが求められ、
一人のプレイで勝敗が大きく変わることもあります。

もし、チームの救世主を目指すのであれば
視認性もよく、ヌルヌル立ち回れるフルHDの最高画質で安定して100fps出るRTX3070以上のグラボがおすすめです。
(RTX2070SUPERはフルHDの最高画質で平均120fps)

RTX以外にGTXシリーズもありますが、
せっかく購入するならRTXシリーズがおすすめ。

理由は3つ。

1.レイトレーシング
2.DLSS
3.NVIDIA Reflex

 

1.レイトレーシングでリアル感が増す

レイトレーシングとは光の表現などが現実に近くなります

もちろんCoD:BOCWはレイトレ対応。

下記はCoD:BOCWのレイトレONの動画です。

このように光の反射、ガラス映りもまったく違います。

CoD:BOCW以外でもレイトレ対応のタイトルも増えてきました。

例えば、フォートナイトは非対応でしたが、2020年10月からレイトレ対応になったように現在は非対応でも、時間が経って対応するゲームもでてくるでしょう。

最先端技術のレイトレーシングを体験できるのはRTXシリーズだけです。

2.DLSSでグラボの負荷が軽減

フレームレートをアップするには『解像度・画質』を落とすなど工夫していました。

しかしエヌビディアの独自技術『DLSS』によって画質は劣化せず、フレームレートが1.5倍アップさせることができるようになりました。

注意点はDLSSはゲーム側で対応していること。

CoD:BOCWは対応!
CoD:BOCW以外でも対応ゲームが続々発表されています。

コスパのいいグラボとしてGTXシリーズも人気です。
ただ、レイトレ&DLSSが使えません。

NVIDIA Reflexで撃ち合いが有利に!

グラボでRTXシリーズを選ぶと

「弾のあたりがやばい」
「ゲーマーならおさえておくべき」

とまで言われているNVIDIA Reflexが使えます。

NVIDIA Reflexは『遅延を軽減させるNVIDIA独自の技術』。

遅延とは、ゲーム中マウスの動きに少し遅れてゲーム上に
反映されています。この時差が『遅延』です。

NVIDIA Reflexを使うと最大で40%ほど遅延が軽減されるため
マウスの動きに合わせてゲーム上も動くようになります。

「エイム力が上がった」
「マウスが軽く感じる」

といった効果が実感できます。

NVIDIA Reflexを利用する条件は

・GTX900シリーズ以上または、RTXシリーズ
・ゲーム側で対応している

この2つです。

CoD:BOCWは対応済み。

NVIDIA Reflexはチートツールではないので
クラウン戦や大会でも認められるでしょうし、
憧れの神エイムを体験することができます。

CPU『Intel Core i5-11400~』

CPUはIntel第11世代である『Core i5-11400』以上がおすすめです。

理由はRTX3070以上のグラボの性能を活かすにはCPUが重要。

同じ第11世代のIntel Core i5-11400はダメではありませんが、ゲームによってはフレームレートが伸びない可能性もあります。

そのためRTX3060以下のグラボであればIntel Core i5-11400でも大丈夫ですが、RTX3070以上をご希望でしたらCore i7-11700にすることをおすすめします。

RTX3060でもCoD:BOCWしながら配信や録画などをやる予定があるのならコア数が多いCore i7-11700がおすすめ。

Core i5-11400にする場合の注意点は2つ

1.RTX3060以下のグラボを載せる。
2.録画・実況・動画編集をやらない。

AMDのCPUは見送ろう!

「コスパ最高!」
と自作PC勢に人気のAMDのCPU。

正直あまりおすすめしません。
理由は『CoD:BOCW以外のゲームでAMD非推奨がある』

公式スペックではAMDのCPUについて詳細は書かれていませんでしたが、CoD:BOCWはプレイできます。

ただ、ゲームよってはAMDのCPUに最適化されていなかったり、バグが発生してもAMD対応の修正パッチは発行されない可能性があります。

ゲーム側がIntel推奨する大きな理由は「圧倒的なシェア数」

所有率を比較するとIntel勢が多いため、ゲーム会社もIntelをベースに開発&動作検証しています。

ゲームの最適性よりもコスパ重視なのであればAMDがおすすめですが、AMDに特別な思いがないのであればIntelのCPUがおすすめです。

メモリ『16GB』

メモリは16GBがおすすめです。

CoD:BOCWの使用メモリ数はフルHDの最高画質で約9GB。
ただ、推奨メモリが16GBと記載されているので今後のアップデートでさらに使用メモリ数が増えることも考えられます。

CoD:BOCW以外もゲームでも推奨メモリ8GB以上を求めるタイトルが増えてきました。

そのためメモリ16GBあればCoD:BOCW以外もゲームも楽しむことができますし、CoD:BOCWしながら配信や録画や、動画編集もできます。

そのためメモリは16GB搭載する方が増えています。

ストレージ『500GB』

ストレージは500GB以上がおすすめです。

HDDより高速のSSD、さらに高速のNAVE SSDがあるなかで、
メインのインストールはSSD(NVMe SSD)500GB
動画編集用の保存場所はHDDが一般てきな使い方です。

録画する予定のない方はSSDが500GB以上あれば
問題なく楽しむことができます。

電源『80 PLUS BRONZE』

『80PLUS』は一定以上の変換効率を達成した
電源だけが80PLUS認定されます。

変換効率は大きく5段階。

80PLUS < 80PLUS BRONZE < 80PLUS SILVER < 80PLUS GOLD < 80PLUS PLATINUM

注意点は『グレードがいいから高品質ではない』ということです。

80PLUS PLATINUMが変換効率が一番高いというだけで、
高品質&長寿命ではありません。

80PLUSと取得しているだけで高品質であり、
ゲーミングPC向けであればBRONZEの電源であれば十分です。

ローグカンパニーはフレームレートが重要で、
電源を80PLUS PLATINUMにしたから高フレームレートになるわけではありません。

電源に予算を使うならグラボ>CPU>メモリの順に
性能を高めたほうがいいです。

必要なワット数は、グラボ・CPUや内部HDDなどで変わります。

ドスパラでは簡単に計算できるサービスがあるのでご紹介いたします。

>> 電源容量計算機(ドスパラ)

【CoD:BOCW】おすすめのゲーミングPC【三選】

CoD:BOCWをやりたいけどゲーミングPCは何を買えばいいのかわかりませんよね。

そこで、CoD:BOCWはもちろん他のゲームも快適に楽しめるゲーミングPCを3台ご紹介いたします。

予算別おすすめの一台

【1】RTX3070搭載ゲーミングPC

価格 平均23万円(税込)≫ 現在の価格
OS Windows 10 Home 64ビット
グラボ NVIDIA GeForce RTX 3070 8GB GDDR6 (HDMI x1,DisplayPort x3)
CPU インテル Core i7-11700 (2.50GHz-4.90GHz/8コア/16スレッド)
メモリ 16GB DDR4 SDRAM(PC4-25600/8GBx2/2チャネル)
ストレージ Intel 512GB NVMe SSD (660pシリーズ,M.2,読込速度 1500MB/s,書込速度 1000MB/s,QLC)

価格やスペック等は常に変動します。
ガレリア XA7C-R37の詳細はコチラ
▲▲ ガレリア XA7C-R37の最新情報はコチラ ▲▲

ガチ勢を目指す方におすすめvはガレリア XA7C-R37です。

ガレリア XA7C-R37はグラボがRTX3070搭載。

RTX3070のCoD:BOCWでもフレームレートはわかりませんが、ほぼ同等のRTX2080TiでCoD:BOCWをプレイするとフルHDの最高画質で平均130fps低画質なら平均170fpsのヌルヌルプレイができます。さらにRTX3070ならレイトレーシングも楽しめます。

CPUはIntelで最新の第11世代『Core i7-11700』。

高フレームレートを求める方に推奨しているCPU『Intel i7-8700K』より世代は新しいですし性能が上。コア数も4つ多い8コアあるのでCoD:BOCWしながら配信や録画はもちろん、動画編集もできる高性能CPUです。

メモリは16GBあるのでCoD:BOCW以外もゲームも楽しめますし、配信・録画・動画編集もできます。

注意点はストレージがNVMe SSDが512GBだけ

録画するには512GBでは少なくHDDを1TB以上増設する方がほとんどです。

ゲームしかしない、録画はやらない方には十分な容量ですし、増設も自分で簡単にできます。

ガレリア XA7C-R37はコチラ ≫

【2】GTX1660SUPER搭載ゲーミングPC

価格 平均14万円(+税)≫ 現在の価格
OS Windows 10 Home 64ビット
グラボ NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6 (DVI x1,HDMI x1,DisplayPort x1)
CPU インテル Core i5-11400 (2.60GHz-4.40GHz/6コア/12スレッド)
メモリ 16GB DDR4 SDRAM(PC4-25600/8GBx2/2チャネル)
ストレージ 【NVMe SSD】512GB

価格やスペック等は常に変動します。
≫ ガレリア RM5C-G60Sの詳細はコチラ
▲▲ ガレリアXA7C-G60Sの最新情報はコチラ ▲▲

GTX1660SUPER搭載のガレリア XA7C-G60S。

GTX1660SUPERは推奨グラボGTX1660より約15%性能が上。

レイトレはできないもののフルHDなら安定して60fps以上でプレイできますし、価格も安いため人気のグラボです。

CPUは『Core i5-11400』。

最新のIntel第11世代のCPUです。

メモリも16GBあるので配信・録画・動画編集もできます。

注意点はストレージの容量。

NVMe SSDが512GBしかないので録画する人には少なすぎます。

できることならHDDを1TB以上増設することをおすすめしますが、録画しない方は大丈夫です。

ガレリア RM5C-G60Sはコチラ ≫

【3】RTX3080搭載ゲーミングPC

価格 平均31万円(税込)≫ 現在の価格
OS Windows 10 Home 64ビット
グラボ NVIDIA GeForce RTX 3080 10GB GDDR6X (HDMI x1,DisplayPort x3)
CPU インテル Core i7-11700K (3.60GHz-5.00GHz/8コア/16スレッド)
メモリ 16GB DDR4 SDRAM(PC4-25600/8GBx2/2チャネル)
ストレージ 1TB NVMe SSD (M.2 2280,読込速度 3200MB/s,書込速度 3000MB/s)

価格やスペック等は常に変動します。
≫ ガレリア ZA7C-R38の詳細はコチラ
▲▲ ガレリア ZA7C-R38の最新情報はコチラ ▲▲

4KHDRにも対応しているCoD:BOCW。

4KHDRとは4Kがよりクリアで繊細になったものです。
簡単にいうと「肉眼で見るのに近い映像表現」を体験することができます。

ただ4KHDRで快適にプレイするにはRTX3080が必要です。

RTX3080は最新のRTX30シリーズ。

今後esportsプレイヤーなど競技に出場することを目的としている方におすすめです。

CPUはIntel Core i7-11700K。

高性能のためCoD:BOCWは快適ですし、
4K画質の動画編集も余裕でできます。

メモリは16GB。

フルHD・WQHDでCoD:BOCWをしながら配信や録画も問題ありませんが、
4K環境ではゲームによってはメモリ不足。

そのため32GBまで増設する方が多いです。

32GBあれば4Kの動画編集もサクサクできるようになります。

ガレリア ZA7C-R38はコチラ ≫

おすすめゲーミングPC【三選】

RTX3070
Intel Core i7-11700
16GB
GTX1660SUPER
Intel Core i5-11400
16GB
RTX3080
Intel Core i7-11700K
16GB
≫ 詳細はコチラ ≫ 詳細はコチラ ≫ 詳細はコチラ