COD MWの必要・推奨スペック&おすすめのゲーミングPCはコレ!

2019年10月25日にCall of Duty: Modern Warfare(コールオブデューティー モダン・ウォーフェア) PC版が発売。

  • COD MWの必要スペックが知りたい。
  • COD MWの推奨スペックが知りたい。
  • COD MWができるおすすめのゲーミングPCが知りたい。

このどれかに該当する方のために書きました。

なぜなら、PCゲームは必要・推奨スペックを参考にゲーミングPCを買っても、

「期待していたようなパフォーマンスがでない・・・」

と後悔する方が必ずいるからです。

当記事で分かること

  • COD MWの必要スペック
  • COD MWの推奨スペック
  • COD MWができるおすすめのゲーミングPC【早いもの勝ち

COD MWの必要スペック・推奨スペック【3つの注意点】

COD MWの必要スペック・推奨スペックをご紹介いたします。

必要スペック 推奨スペック
OS Windows 7 64bit(SP1)
Windows 10 64bit
Windows 10 64bit
グラボ 【Nvidia】
GTX 670
GTX 1650
【AMD】
HD 7950
【Nvidia】
GTX 970
GTX 1660
【AMD】
R9 390
RX 580
CPU 【Intel】
Core i3-4340
【AMD】
FX-6300
【Intel】
Core i5-2500K
【AMD】
Ryzen R5 1600X
メモリ 8GB 12GB
HDD 175GB 175GB

注意点① 参考にするなら推奨スペック

快適にCOD MWをやりたい方は推奨スペックを参考にしています。

なぜなら、必要スペックは『ギリギリCOD MWができるPCスペック』。

カクつきがあって快適にプレイができません。

注意点② 各スペックにかかれているパーツは世代が古い

必要・推奨スペックに書かれているグラボやCPUは古い世代のものです。

例えば、推奨スペックのGTX1660は最新のグラボですが、CPUのIntel Core i5-2500Kは8世代も前。

 

どうして、こんなに古いパーツを公式スペックにするの?

理由は、少しでも多くのPCユーザーにCOD MWを楽しんでもらいたいからです

 

問題は、まったく同じものを揃えるとなると中古品になります。

注意点③ 中古ゲーミングPCは高く付く

中古のゲーミングPCは安いのですが、買わないでください

 

中古のゲーミングPCは、前の所有者の使い方が荒いとパーツが劣化していて、すぐに故障するから。

故障したパーツを新しいものに取り替えますが、結果的に「新品を買ったほうが安かった」なんてことはよくあります。

そのため、推奨スペック以上新品のゲーミングPCがおすすめです。

 

では、新品でCOD MWのために売れているゲーミングPCを一台ご紹介します。

【一番人気】ヌルヌルプレイができる搭載ゲーミングPC【早いもの勝ち】

まずは、コチラの動画をご覧ください。

もしアナタが、

別に、動画の人のような感じで撃ち勝てなくてもいい

と思っているのでしたら、読み進めても意味がありません。

動画のように気持ちよく勝ち勝ちたい!!

と考えているのでしたら、下記のゲーミングPCがオススメです。

ガレリアXF
価格 約18万円(税別)≫ 最新価格はコチラ値引き中
評価 ★★★★☆
OS Windows 10 Home 64ビット
グラフィック NVIDIA GeForce RTX2070 SUPER 8GB (HDMI x1, DisplayPort x3)
CPU インテル Core i7-9700 (3.00GHz-4.70GHz/8コア/8スレッド) → インテル Core i7-9700K (3.60GHz-4.90GHz/8コア/8スレッド) 《無料アップグレード中》
メモリ 8GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx1) → 16GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx2/2チャネル)《無料アップグレード中》
HDD 1TB HDD → 2TB HDD《無料アップグレード中》
SSD 500GB SSD → 512GB NVMe SSD (M.2 2280, 読込速度 3370MB/s, 書込速度 2030MB/s)《無料アップグレード中》
光学ドライブ 無し
カードリーダ SDカードリーダー[SD / Micro SD (SDXC対応)]付属
マザボ インテル B365 チップセット ATXマザーボード
マウス 無し
キーボード 無し
(※ 価格・スペックなどは予告なく変動します)
≫詳細はこちら
(↑↑ ガレリアXFの最新情報はコチラでご確認いただけます ↑↑)

どうして、ガレリアXFがおすすめなの?

それはPCスペックが近いからです。

先程ご紹介した動画のPCスペック

  • RTX2070 SUPER
  • Intel Core i7-4790K
  • 16GB

ガレリアXFのCPU『Core i7-7900K』は最新で、Core i7-4790Kより約26%性能が上です。

RTX2070の平均フレームレート

COD MWの平均フレームレートは対戦人数で大きく違います。

なぜなら、対戦人数が多くなるほどPCに負荷がかかるからです。

■ フルHD(1920*1080)/ 最高画質
6 vs 6(12人)・・・平均160fps
32 vs 32(64人)・・・平均130fps

■PCスペック

【グラボ】RTX2070
【CPU】Ryzen 7 3700X
【メモリ】32GB

■モード
32vs32

■設定
フルHD(1920*1080)
最高画質

RTX2070なら『重いシーン』でも100fps台

COD MWでは、一瞬動きが鈍く感じることがあります。

例えば、

・激しい撃ち合い
・建物が多い場所
・素早い振り返り
・急な出会い頭の撃ち合い

このような『重いシーン』ではPCの処理が一気に上がるため、フレームレートが下がります。

そのため、PCスペックが低いと動きが重くなります。

しかし、RTX2070なら64人対戦中の重いシーンでもヌルヌルプレイ!

100fpsを下回ることなく立ち回ることができます。

COD MWで100fpsあれば「気持ちいいくらい撃ち勝てる♪」

COD MWを嫌いになる人の理由は1つ。

「撃ち負けて精神的ストレスをかかえる」

勝てない原因は簡単に解決できます。

それは

「100fps以上でプレイする」

COD MWで100fpsあればほとんどのシーンで撃ち負けることがありません。

「100fpsあると敵の動きが遅く見える」

と言われていますが、本当に敵がワンテンポ遅れて見えます。

そのため、

・スコア重視のガチ勢

は無理をしてでも高スペックPC(RTX2070)を購入します。

最初は予算の関係で安いゲーミングPCを買う方がいますが、友達の家などで100fpsの世界を体験してPCを買い直す人もいます。

メモリー8GBはヤバい時代

あまり知られていませんが、同じグラボなのにフレームレートが10~20fps差がでる人がいます。例えば、

Aさんの平均フレームレートは80fps
Bさんの平均フレームレートは60fps

この差は『メモリー数』が関係しています。

実はメモリー8GBより16GBのほうが高フレームレートです

例えば、Battlefield V(以下、BFV)。

推奨メモリーが12GBのBFVで、メモリー8GBと16GBのフレームレートを比較したところ、最大20fpsの開きがあることは有名な話です。

COD MWでも同じ現象が起きています。

「メモリーを16GBまで増設」が当たり前

正直、メモリー8GBでもCOD MWはできます。(COD MWの推奨メモリーは12GB)

ただ、8GBではメモリー不足が原因でRTX2070本来のフレームレートが出ません

そのことを事前に知っている方は、多少お金がかかってもメモリーを16GBまで増設しています。

また16GBあると別のメリットも生まれます!!

メモリー16GBあれば、世界が広がる

メモリー16GBのメリットは他にもあります。

  • COD MWの配信
  • COD MWの配信しながら録画
  • 動画編集
  • 画像編集

メモリー16GBあれば、すべて余裕。

例えば、

  • 録画中に起きた神プレイを切り取りツイッターにアップして友達に共有(自慢)。
  • いい試合が録れたらYou Tubeにアップし世界中の人に観てもらう。

こんなこともできます。

「予算の都合でメモリー8GBしか無理・・・」

8GBだとどうなるのか?

  • COD MWのフレームレートが伸びない
  • COD MWの配信 → カクつく
  • COD MWの配信しながら録画 → 無理
  • 動画編集 → 編集中にフリーズする
  • 画像編集 → 問題なし

このようになります。

今なら無料でメモリ16GB!

ガレリアXFが売れている理由は『パーツの無料アップグレード』。

【CPU】インテル Core i7-9700 → インテル Core i7-9700K
【メモリ】8GB → 16GB
【HDD】1TB → 2TB
【SSD】500GB SSD → 512GB NVMe SSD

特にCPUとメモリーが無料でアップグレードされているのが人気の理由です。

CPU『Core i7-9700』は最新の第9世代でCOD MWの推奨CPU『Core i7-7700K』より約15%の性能が上

メモリーは増設することなく無料で16GBまでアップグレードされています。

ガレリアXFのココはちょっと・・・

ガチ勢のガレリアXFですが、気になる点もあります。

無料アップグレードが数量限定

無料アップグレードは数量限定なのでなくなり次第終了してしまいます。

無料アップグレードが終了すると・・・

【CPU】インテル Core i7-9700K → インテル Core i7-9700
【メモリ】16GB → 8GB
【HDD】2TB → 1TB
【SSD】512GB NVMe SSD → 500GB SSD

値段は変わらずダウングレード。

購入者特典【急いで!!!】

ガレリアXFを買った人だけに特典が付いてきます。

ガレリアXFの特典

  1. レインボーシックスシージPC版(先着)
  2. eSports施設「LFS池袋」の24時間無料体験ペアチケット15,000円分(先着)

すべて期間限定&数量限定です。

 

まとめると、以下のようになります。

COD MWにおすすめゲーミングPC【ガレリアXF】


ガレリアXF
価格 178,980 円 (+税) → 164,980 円 (+税)
スペック 【グラボ】RTX2070 SUPER
【CPU】インテル Core i7-9700K(無料アップグレード
【メモリ】16GB(無料アップグレード
【HDD】2TB(無料アップグレード
【SSD】512GB NVMe SSD(無料アップグレード
特典 レインボーシックスシージPC版(先着
eSports施設「LFS池袋」の24時間無料体験ペアチケット15,000円分(先着
注意

ここまで『値引き』『無料アップグレード』『購入者特典』がついてくることはありませんでした。

きっと、先にガレリアXFを購入した方が知ったら悔しがることでしょう!

ただし、アナタものんびりしていると、特典が何個かない状態で購入することになるので気をつけてください。

【特典付き】ガレリアXFはコチラ ≫

クレジットカードを持っているなら『Amazon Pay決済』がおすすめ!

Amazonアカウント登録の「住所」「クレジットカード情報」でカンタンに注文できる『Amazon Pay決済』。

現在、キャッシュレス化の推進を目的に、経済産業省が主体となってキャッシュレス・消費者還元事業をやっています。

この事業を簡単にいうと、

対象ショップでキャッシュレス決済で商品を購入した際に、金額の5%が還元される。

そして、ガレリアXFの販売元ドスパラはキャッシュレス・ポイント還元事業へ加盟店登録しています。

そのため、ガレリアXFの支払いをAmazon Pay決済にすると『5%還元の対象』になります。

なお、5%還元は

  • 2019年10月から2020年6月まで。
  • ただし、経産省の予算の関係上、予定期間より早期に終了する。

以上のことに注意してください。

↓↓ 値引き中 ↓↓
【特典付き】ガレリアXFはコチラ ≫
↑↑ 無料アップグレード付きのガレリアXFはコチラ ↑↑