COD Vanguard推奨スペック&おすすめゲーミングPC【三選】

Call of Duty : Vanguard(コール オブ デューティ ヴァンガード)は2021年11月5日発売。

当記事ではCall of Duty : Vanguard(以下、COD Vanguard)の公式PC動作環境おすすめのゲーミングPCを3台ご紹介いたします。

おすすめのゲーミングPCはコチラ▼▼

おすすめゲーミングPC【三選】

COD Vanguard 必要スペック&推奨スペック

COD Vanguard公式が公開した必要&推奨PC動作環境をご紹介いたします。

COD Vanguard スペック

必要スペック:グラボ GTX960、CPU Intel Core i5-2500K、メモリ 8GB
推奨スペック:グラボ GTX1070、CPU Intel Core i7-4770K、メモリ 16GB

  必要スペック 推奨スペック
OS Windows10 64bit(1909 or later) Windows10 64bit(latest Service Pack)
グラボ [Nvidia]GeForce GTX 960 2GB
GTX 1050Ti 4GB
[AMD]Radeon R9 380
[Nvidia]GeForce GTX 1070 8GB
GTX 1660 6GB
[AMD]Radeon RX Vega 56
CPU Intel Core i5-2500K
AMD Ryzen 5 1600X
Intel Core i7-4770K
AMD Ryzen 7 1800X
メモリ 8GB 16GB

最低限必要なグラボGTX960ではフルHD&低画質で60fps以上の快適プレイが可能です。推奨グラボGTX1070ではフルHD&最高画質で60fps以上、低画質で100fps以上の快適プレイが可能です。
(※過去作からの予想フレームレートです)

 

COD : VanguardのようなFPSゲームは100fps以上でプレイしている猛者ばかりのため、推奨動作環境以上のPCをおすすめします。

 

では、推奨動作環境以上で最新のゲーミングPCをご紹介いたします。

COD Vanguard おすすめゲーミングPC三選

COD VanguardをPCでプレイしたい方におすすめするゲーミングPCを三台ご紹介いたします。

【COD V】エンジョイ勢におすすめのゲーミングPC

画質はいいからCOD Vanguardを快適にプレイしたい!

というエンジョイ勢にRTX3060Ti搭載の『ガレリア XA7C-R36Tガレリア XA7C-R36Tとは?)』がおすすめです。

ガレリア XA7C-R36T

価格 約24万円(税込+送料別)現在の価格 ≫
グラボ NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti 8GB (HDMI x1,DisplayPort x3)
CPU インテル Core i7-11700 (2.50GHz-4.90GHz/8コア/16スレッド)
メモリ 16GB DDR4 SDRAM(PC4-25600/8GBx2/2チャネル)
ストレージ Intel 1TB NVMe SSD (660pシリーズ, M.2,読込速度 1800MB/s,書込速度 1800MB/s,QLC)
電源 650W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
ガレリア XA7C-R36Tの詳細はコチラ ≫

グラボは最新のRTX3060Ti。
推奨グラボのGTX980Tiより約1.5倍性能は上。

GTXシリーズでは利用できないレイトレーシング機能、DLSSがRTX3060Tiなら体験できます。

レイトレーシング機能とは光や反射の表現が現実に近くなるため没入感がアップすると好評です。DLSSはAI技術によりグラボの負荷を下げながらフレームレートはアップ。

どちらもRTX3060Tiなら無料で体験することができます。

RTX3060TiをささえるCPUはIntel製。
最新の第11世代でゲームユーザーに人気のCore i7-11700。

Core i7は高性能のため画像編集はもちろん、動画編集も余裕でできます。そのためクリエイターにも人気のCPUをガレリア XA7C-R36Tは標準搭載しています。

メモリは16GBあるのでゲームはもちろん、動画編集などクリエイティブな活動もできます。

ストレージはSSDより高速なNVMe SSDが1TB。
最近のゲームは100GB越えが当たり前になってきているので、COD Vanguard以外のゲームも複数インストールすることができます。

問題点を上げるなら
「フルHD以外で楽しめない」

古いゲームならRTX3060TiでもWQHD・4Kでも快適にプレイできますが、2020年以降に発売された重量級ゲームでWQHD以上で楽しむには性能が心もとないのでおすすめしません。

ガレリア XA7C-R36Tは「フルHDで快適にプレイできたら十分」と考えている方におすすめの一台です。

ガレリア XA7C-R36Tの販売サイト ≫

【COD V】ガチ勢におすすめのゲーミングPC

「誰よりもハイスコアを目指したい!」

というガチ勢にRTX3070搭載の『ガレリア XA7C-R37 (ガレリア XA7C-R37とは?)』がおすすめです。

ガレリア XA7C-R37

価格 約26万円(税込+送料別)現在の価格 ≫
グラボ NVIDIA GeForce RTX 3070 8GB GDDR6 (HDMI x1,DisplayPort x3)
CPU インテル Core i7-11700 (2.50GHz-4.90GHz/8コア/16スレッド)
メモリ 16GB DDR4 SDRAM(PC4-25600/8GBx2/2チャネル)
ストレージ Intel 1TB NVMe SSD (660pシリーズ, M.2,読込速度 1800MB/s,書込速度 1800MB/s,QLC)
電源 650W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
ガレリア XA7C-R37の詳細はコチラ ≫

グラボは最新のRTX3070。
推奨グラボのGTX980Tiより約2倍性能は上。

RTX3070ならGTX980Tiでは体験できないレイトレーシング機能、DLSSが体験できます。

レイトレーシング機能とは光や反射の表現が現実に近くなるため没入感がアップしますし、DLSSはAI技術によりグラボの負荷を下げながらフレームレートはアップするのでFPSゲーマには人気の機能。

どちらもNvidia独自の技術ですが、
RTX3070ならどちらも利用することができます。
(※ レイトレーシング&DLSSの利用はゲーム側で対応していることが条件)

COD Vanguardはレイトレーシング&DLSS対応については未発表ですが、CoD:BOCWは対応しているのでCOD Vanguardも利用できるかもしれません。

RTX3070をささえるCPUはIntel製。
最新の第11世代でゲームユーザーに人気のCore i7-11700。

Core i7は画像&動画編集も余裕でできるほど高性能。
そのCPUをガレリア XA7C-R37は標準搭載しています。

メモリは16GBあるのでCOD Vanguard以外のゲームも快適にプレイできますし、動画編集などクリエイティブな活動も問題なくできます。

ストレージはSSDより高速なNVMe SSDが1TB。
最近のゲームは100GB越えが当たり前になってきているので、COD Vanguard以外のゲームも複数インストールすることができます。

問題点を上げるなら
「4K向きではない」

古いゲームならRTX3070でも4Kで快適にプレイできますが、最新で重量級ゲームでは4Kで快適にプレイするには性能不足に感じるかもしれません。

ガレリア XA7C-R37は「フルHDで100fps台のヌルヌルプレイがやりたい!」と考えている方におすすめの一台です。

ガレリア XA7C-R37販売サイト ≫

【COD V】ガチ勢におすすめのゲーミングPC

「大会など競技で優勝を目指したい!」

という競技者にRTX3080搭載の『ガレリア ZA7C-R38 (ガレリア ZA7C-R38とは?)』がおすすめです。

ガレリア ZA7C-R38

価格 約31万円(税込+送料別)現在の価格 ≫
グラボ NVIDIA GeForce RTX 3080 10GB GDDR6X (HDMI x1,DisplayPort x3)
CPU インテル Core i7-11700K (3.60GHz-5.00GHz/8コア/16スレッド)
メモリ 16GB DDR4 SDRAM(PC4-25600/8GBx2/2チャネル)
ストレージ 1TB NVMe SSD (M.2 2280,読込速度 3200MB/s,書込速度 3000MB/s)
電源 750W 静音電源 (80PLUS GOLD)
ガレリア ZA7C-R38の詳細はコチラ ≫

グラボは最新のRTX3080。
推奨グラボのGTX980Tiより約2.5倍性能は上。

RTX3080はレイトレーシング機能、DLSSが利用できます。
レイトレーシング&DLSSはGTXZシリーズは非対応。

レイトレーシング機能とは光や反射の表現が現実に近くなるため没入感が向上し、DLSSはAI技術によりグラボの負荷が軽くなるので従来のフレームレートより劇的にアップ!FPSゲーマには人気の機能です。

どちらもNvidia独自の技術ですが、
RTX3080ならどちらも利用することができます。
(※ レイトレーシング&DLSSの利用はゲーム側で対応していることが条件)

COD Vanguardはレイトレーシング&DLSS対応については未発表ですが、CoD:BOCWは対応しているのでCOD Vanguardも利用できるかもしれません。

RTX3080をささえるCPUはIntel製。
最新の第11世代でゲームユーザーに人気のCore i7-11700より高性能なCore i7-11700K。

Core i7は画像&動画編集も余裕でできるほど高性能。
そのCPUをガレリア XA7C-R38は標準搭載しています。

メモリは16GBあるのでCOD Vanguard以外のゲームも快適にプレイできますし、動画編集などクリエイティブな活動も問題なくできます。

ストレージはSSDより高速なNVMe SSDが1TB。
最近のゲームは100GB越えが当たり前になってきているので、COD Vanguard以外のゲームも複数インストールすることができます。

問題点を上げるなら
「4Kの動画編集をするにはメモリ不足」

4K動画の編集をする方には16GBでは足りないため、32GBまで増やしている方が多いです。4K動画編集の予定がない方は16GBで十分なのでメモリ増設しなくても大丈夫です。

ガレリア XA7C-R38は「フルHDで144fps以上でヌルヌルプレイがやりたい!」と考えている方におすすめの一台です。

ガレリア ZA7C-R38の販売サイト ≫

【COD Vanguard】おすすめゲーミングPC【比較】

約23万円(税込) 約25万円(税込) 約32万円(税込)
RTX3060Ti 8GB
Intel Core i7-11700
16GB
RTX3070 8GB
Intel Core i7-11700
16GB
RTX3080 10GB
Intel Core i7-11700K
16GB
詳細はコチラ ≫ 詳細はコチラ ≫ 詳細はコチラ ≫