BFV(BF5)PC版もできるおすすめゲーミングPC【10万~30万円】

100種類以上あるゲーミングPCのなかで、BFV PC版がプレイできるパソコンをまとめ、価格別(10万円から30万円)に分けました。

さらに、ご要望にお答えして平均フレームレートもあわせてご紹介します。

BFV PC版 最低動作スペックと推奨スペック

必要スペック 推奨スペック
DXR向け推奨スペック
OS Windows 7
Windows 8.1
Windows 10
(各64ビット版)
Windows 10 64ビット版 Windows 10 October 2018 Update (1809) 64ビット版
ビデオカード 【AMD】
Radeon HD 7850 2GB
Radeon RX 560
NVIDIA】
GeForce GTX 660 2GB
GeForce GTX 1050
【AMD】
Radeon RX 580 8GB
NVIDIA】
GeForce GTX 1060 6GB
NVIDIA】
GeForce RTX 2070
CPU 【AMD】
AMD FX-8350
Intel】
Core i5 6600K
【AMD】
Ryzen 3 1300X
Intel】
Core i7 4790
【AMD】
Ryzen 7 2700
Intel】
Core i7 8700
メモリ 8GB 12GB 16GB
ハードディスク 50GB
DirectX 11.0互換ビデオカードまたは同等の性能 11.1互換ビデオカードまたは同等の性能 DirectX レイトレーシング互換ビデオカード
インターネット接続 512kbps以上のインターネット接続

『DXR向け』とは?

DXR リアルタイム レイ トレーシングとは、
リアルタイムにレイ(光源)をトレーシング(追跡)という意味。

BFVでレイトレのonとoffを比較している動画です。

レイトレをonにすると、光源から物体に当たったときの反射・屈折・拡散・減衰などの表現が現実に近くなるため没入感が増します。

メモリーの使用量

BFV(BF5)のメモリーは、
・最低動作スペックでメモリー8GB
・推奨スペックで12GB
を求めています。

フルHD(1920*1080)のメモリー使用量は、
低画質なら8GBでも十分
最高画質では約11GB使用

最高画質を8GBでプレイすると、フレームレートが10~20fps下がってしまいます。

BFVをフルHDの最高画質でプレイしたいと考えている方はメモリーは16GBあったほうがいいでしょう。

必要最低限のスペックをもったゲーミングPCを侮ってはいけない!【10万円台】

10万円台のゲーミングPCを探している方に人気の一台がガレリア DHです。

ガレリアDHのスペックはBFVをするのに『必要最低限のスペック』。

しかし設定しだいでは、平均60fpsでプレイできます


ガレリア DH
グラフィック NVIDIA GeForce GTX1050 Ti 4GB
CPU インテル Core i5-8500 (3.00GHz-4.10GHz/6コア/9MBキャッシュ)
メモリー 8GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/4GBx2/2チャネル)
HDD 1TB HDD
光学ディスク DVDスーパーマルチドライブ (DVD±R DL 対応)
マザーボード インテル H310 チップセット マイクロATXマザーボード
マウス あり
キーボード あり
カードリーダー あり
平均価格10万円(税別・送料別)
現在の価格はコチラ >>>

フルHDは無理!それでもガレリアDHが人気の理由は?

ガレリア DHでプレイする方が変える設定は2つ。

1. 解像度をHD(1280×720)
2. 画質を低画質

これでフレームレート=平均60fps以上でプレイできるようになるので試してみてください。

ガレリア DH。こんな方におすすめ
  • 解像度はHD、画質は低画質でも問題ない
  • 10万円ぐらいのゲーミングPCがほしい
  • ゲーミングマウス・ゲーミングキーボードがほしい

ガレリア DHの詳細はコチラ >>>

最高画質で平均70fps!低画質なら平均100fpsで楽しめるゲーミングPC【15万円台】

15万円台でゲーミングPCを探している方に売れているのが『ガレリアXT』です。

フルHD(1920*1080)で、

最高画質なら平均70fps
低画質なら平均100fps

低画質ならヌルヌルプレイもできる!


ガレリア XT
グラフィック NVIDIA GeForce GTX1060 6GB
CPU インテル Core i7-8700 (3.20GHz-4.60GHz/6コア/12MBキャッシュ)
メモリー 8GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/4GBx2/2チャネル)
HDD 1TB HDD
SSD 500GB SSD
光学ディスク DVDスーパーマルチドライブ (DVD±R DL 対応)
マザーボード インテル H370 チップセット ATXマザーボード
マウス あり
キーボード あり
カードリーダー あり
平均価格15万円(税別・送料別)
現在の価格はコチラ >>>

ガレリアXTで『1つ』だけ気をつけたいことがある

ガレリアXTはメモリが8GBしかありません。

BFVの推奨メモリは12GBなので足りません。

メモリ8GBでもプレイできますが、
平均フレームレートが10~20fps落ちてしまいます

本来、最高画質で平均70fps出せるのに、メモリ不足で平均50~60fpsまで下がります。

そのためメモリ16GBまで増設する方が多いです。

メモリー16GBまで増設する人が多い理由とは?

メモリー16GBまで増設すると、

実況プレイができる
実況プレイしながら録画ができる
動画編集ができる

と、ゲームしながらいろいろできるようになります。

ガレリア XT。こんな方におすすめ
  • 15万円ぐらいのゲーミングPCがほしい
  • 実況プレイがやりたい
  • 実況プレイしながら録画したい
  • 動画編集したい
  • VRゲームがやりたい

ガレリア XTの詳細はコチラ >>>

最高画質で平均100fps超えで楽しみたい方に人気のゲーミングPC【17万円以上】

20万円未満のゲーミングPCを探している方に人気の一台がガレリア XFです。

ガレリア XF搭載のRTX2070なら『フルHDの最高画質で平均120fps』のヌルヌルプレイができます。

そのため、スコア重視のガチ勢に選ばれています。


ガレリア XF
グラフィック NVIDIA GeForce RTX2070 8GB
CPU インテル Core i7-8700 (3.20GHz-4.60GHz/6コア/12MBキャッシュ)
メモリー 8GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/4GBx2/2チャネル)
HDD 2TB HDD
SSD 500GB SSD
光学ディスク DVDスーパーマルチドライブ (DVD±R DL 対応)
マザーボード インテル H370 チップセット ATXマザーボード
マウス あり
キーボード あり
カードリーダー あり
平均価格18万円(税別・送料別)
現在の価格はコチラ >>>

メモリに注意!

ガレリア XFはメモリが8GB。

8GBのままでもプレイできます。

ただし、16GBまで増設すると、

・フレームレートが10~20fps伸びる。
・実況プレイができる
・実況プレイ+録画ができる
・動画編集ができる

特に気をつけたいのがフレームレート。

8GBだとメモリ不足が足を引っ張り、平均フレームレートが100fpsぐらいまで落ちてしまいます。

そのため、ガレリア XFを購入する方は16GBまで増設する方が多いです。

ガレリア XF。こんな方におすすめ
  • 20万円以下のゲーミングPCがほしい
  • 最高画質で平均100fps以上でやりたい
  • 実況プレイがやりたい
  • 実況プレイしながら録画したい
  • 動画編集したい
  • VRゲームがやりたい

ガレリア XFの詳細はコチラ >>>

最高画質で平均140fps。最高峰のゲーミングPC【20万円以上】


ガレリア ZG
グラフィック NVIDIA GeForce RTX2080 8GB
CPU インテル Core i7-9700K (3.60GHz-4.90GHz/8コア/12MBキャッシュ)
メモリー 16GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx2/2チャネル)
HDD 3TB HDD
SSD 500GB
光学ディスク DVDスーパーマルチドライブ (DVD±R DL 対応)
マザーボード インテル Z390 チップセット ATXマザーボード
マウス あり
キーボード あり
カードリーダー あり
平均価格25万円(税別・送料別)
現在の価格はコチラ >>>

ガレリア ZGならメモリー増設などすることなく、そのままでBFVを楽しむことができます。

しかもフルHD(1920*1080)で平均フレームレートは140fpsでるRTX2080搭載。

ほとんど撃ち負けることなくオンライン対戦を楽しむことができる一台です。

さらにCPUは第9世代のCore i7-9700Kを搭載。

BFVしながら実況プレイも余裕でできるほど高性能です。

また録画した動画を編集することもできます。

ガレリア ZGの詳細はコチラ >>>

最高画質で平均180fps。最高峰のゲーミングPC【30万円台】

30万円台のゲーミングPCを探している方に売れているのがガレリアZZです。

グラフィックは最新のRTXシリーズで最高峰のRTX2080 Tiを搭載。

あまりにも高性能のため激しい爆破シーンのなかでの撃ち合いなど、フレームレートがガクッと落ちるようなときでも100fpsより下がりません

そのため、『どんなときでも撃ち勝てる』ことが要求されるプロゲーマーに人気です。


ガレリア ZZ
グラフィック NVIDIA GeForce RTX2080 Ti 11GB
CPU インテル Core i9-9900K (3.60GHz-5.00GHz/8コア/16MBキャッシュ)
メモリー 16GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx2/2チャネル)
HDD 3TB HDD
SSD Samsung 500GB NVMe SSD (970 EVOシリーズ, M.2, 読込速度 3400MB/s, 書込速度 2300MB/s, 3bit MLC)
光学ディスク DVDスーパーマルチドライブ (DVD±R DL 対応)
マザーボード インテル Z390 チップセット ATXマザーボード
マウス あり
キーボード あり
カードリーダー あり
平均価格34万円(税別・送料別)
現在の価格はコチラ >>>

ガレリア ZZなら準備万端!

ガレリア ZZのスペックなら、メモリーなど増設することなくBFVが楽しめます。

実況プレイしながら録画も余裕ですし、動画編集もできます。

VR用のヘッドセットを購入すると、VRゲームも高画質で楽しむことができます。

はっきり言ってガレリア ZZにできないゲームはありません。

しかも、最高峰のRTX2080TiにCPUは発売されたばかりの第9世代のCore i9-9900K。

周りに自慢してもいいぐらい高性能ですし、羨ましがられる一台です。

正直買えるアナタがうらやましい。。。

ガレリア ZZの詳細はコチラ >>>