BFV(BF5)推奨スペック&おすすめゲーミングPC【三選】

バトルフィールドV(以下、BFV)公式のPC動作環境おすすめのゲーミングPC三台ご紹介いたします。

今回ご紹介するゲーミングPCはコチラ ▼▼

おすすめのゲーミングPC

BFV 必要スペックと推奨スペック

BFV スペック

必要スペック:グラボ GTX660、CPU Core i5 6600K、メモリ 8GB。
推奨スペック:グラボ GTX1060、CPU Core i7 4790、メモリ 12GB。

必要スペック 推奨スペック
DXR向け推奨スペック
OS Windows 7
Windows 8.1
Windows 10
(各64ビット版)
Windows 10 64ビット版 Windows 10 October 2018 Update (1809) 64ビット版
ビデオカード 【AMD】
Radeon HD 7850 2GB
Radeon RX 560
NVIDIA】
GeForce GTX 660 2GB
GeForce GTX 1050
【AMD】
Radeon RX 580 8GB
NVIDIA】
GeForce GTX 1060 6GB
NVIDIA】
GeForce RTX 2070
CPU 【AMD】
AMD FX-8350
Intel】
Core i5 6600K
【AMD】
Ryzen 3 1300X
Intel】
Core i7 4790
【AMD】
Ryzen 7 2700
Intel】
Core i7 8700
メモリ 8GB 12GB 16GB
ハードディスク 50GB
DirectX 11.0互換ビデオカードまたは同等の性能 11.1互換ビデオカードまたは同等の性能 DirectX レイトレーシング互換ビデオカード
インターネット接続 512kbps以上のインターネット接続

『DXR向け』とは?

DXR リアルタイム レイ トレーシングとは、
リアルタイムにレイ(光源)をトレーシング(追跡)という意味。

BFVでレイトレのonとoffを比較している動画です。

レイトレをonにすると、光源から物体に当たったときの反射・屈折・拡散・減衰などの表現が現実に近くなるため没入感が増します。

メモリーの使用量

BFV(BF5)のメモリーは、
・最低動作スペックでメモリー8GB
・推奨スペックで12GB
を求めています。

フルHD(1920*1080)のメモリー使用量は、
低画質なら8GBでも十分
最高画質では約11GB使用

最高画質を8GBでプレイすると、フレームレートが10~20fps下がってしまいます。

BFVをフルHDの最高画質でプレイしたいと考えているのであればメモリーは16GB搭載することをおすすめします。

BFVにおすすめのゲーミングPC三選

BFVが快適にプレイできるゲーミングPCを三台ご紹介いたします。

おすすめのゲーミングPC

ガレリア RM5C-R36T【20万円以内】

「フルHDの最高画質で快適にプレイしたい!」
「予算20万円以内に収めたい」

という方に「ガレリア RM5C-R36T」がおすすめです。

価格 平均18万円(税込) ≫ 最新価格はコチラ
グラボ NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti 8GB (HDMI x1,DisplayPort x3)
CPU インテル Core i5-10400 (2.90GHz-4.30GHz/6コア/12スレッド)
メモリー 16GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx2/2チャネル)
ストレージ 512GB NVMe SSD (M.2 2280,読込速度 3200MB/s,書込速度 2000MB/s)
≫ ガレリア RM5C-R36Tの公式サイト
こんな方におすすめ
  • 20万円以内のゲーミングPCがほしい
  • 画質にこだわりがないけどBFVがやりたい
  • 配信など興味がない
こんな方はご注意
  • 配信をやりたい
  • BFVを最高画質でヌルヌルプレイがやりたい

BFV × RTX3060Ti フレームレート

ガレリア RM5C-R36Tに搭載しているRTX3060TiでBFVをプレイすると、

フルHD最高画質・・・平均80fps
フルHD最高画質RT ON&DSLL ON・・・平均90fps
(※フレームレートは環境などで変動します。参考程度に見ていただますと幸いです)

RTX3060Tiなら最高画質でカクつくことなく快適にプレイできますし、
「重い」といわれるレイトレーシングをONにしても問題なく楽しむことができます。

もっとフレームレートをアップしたい方は低画質にすると、
100fps台のヌルヌルプレイも!!

ガレリア RM5C-R36Tのここが気になる!?

「配信や実況プレイをしたい」

という方にはガレリア RM5C-R36Tをおすすめしません。

配信などするには最低でもCPUはインテル Core i7-10700は必要です。(インテル Core i7-10700搭載PC
もし、インテル Core i5-10400で配信などすると性能不足でカクつくなど起きる可能性があるので気をつけてください。

≫ ガレリア RM5C-R36Tの詳細はコチラ

ガレリア XA7C-R37T【予算25万円以内】

「予算25万円以内で収めたい」
「フルHDの最高画質で100fps台のヌルヌルプレイがやりたい」

という方に「ガレリア XA7C-R37T」がおすすめです。

価格 平均25万円(税込)≫ 最新価格はコチラ
グラボ NVIDIA GeForce RTX 3070 Ti 8GB GDDR6X (HDMI x1,DisplayPort x3)
CPU インテル Core i7-11700 (2.50GHz-4.90GHz/8コア/16スレッド)
メモリー 16GB DDR4 SDRAM(PC4-25600/8GBx2/2チャネル)
ストレージ 1TB NVMe SSD (M.2 2280,読込速度 3200MB/s,書込速度 3000MB/s)
≫ ガレリア XA7C-R37Tの公式サイト

BFV × RTX3070Ti フレームレート

RTX3070TiでBFVをプレイすると

フルHD&最高画質・・・140fps
フルHD&最高画質&RT ON&DSLL ON・・・130fps
(※ フレームレートは環境などで変動します。参考程度に見ていただけると幸いです。)

ガレリア XA7C-R37T

ガレリア ZA9C-R38T【40万円以内】

「フルHDで安定で144fpsでプレイしたい」
「4Kで快適にプレイしたい」

という方に「ガレリア ZA9C-R38T」がおすすめです。

価格 平均37万円(税込)≫最新価格はコチラ
グラボ NVIDIA GeForce RTX 3080 Ti 12GB GDDR6X (HDMI x1,DisplayPort x3)
CPU インテル Core i9-11900K (3.50GHz-5.20GHz/8コア/16スレッド)
メモリー 16GB DDR4 SDRAM(PC4-25600/8GBx2/2チャネル)
ストレージ 1TB Gen4 NVMe SSD (M.2 PCIe Gen4x4,読込速度 5000MB/s,書込速度 4400MB/s)
ガレリア ZA9C-R38T

BFV × RTX3080Ti フレームレート

BFVをRTX3080Tiでプレイすると、

フルHD & 最高画質・・・平均180fps
フルHD & 最高画質 & RT ON & DSLL ON・・・平均130fps
4K & 最高画質 & RTX ON & DSLL ON・・・平均70fps

ガレリア ZA9C-R38T