【2021年】VALORANT 推奨スペック&おすすめのゲーミングPC【ヴァロラント】

VALORANT(ヴァロラント)は基本無料の5対5のマルチプレイFPSゲームです。

PC専用ゲームのため必要なものはゲーミングPC。

当記事ではVALORANT公式の必要スペック・推奨スペックと、おすすめゲーミングPC3台をご紹介いたします。

今回ご紹介するゲーミングPCはコチラ。

おすすめゲーミングPC【三選】

① ガレリア XA7C-R37最高画質でヌルヌルを求めるガチ勢
② ガレリア RM5C-G60S最高画質で快適を求めるエンジョイ勢
ガレリア ZA7C-R38最高画質で超ヌルヌルを求めるプロゲーマー

【VALORANT】必要スペック・推奨スペック【公式】

必要スペック 推奨スペック
(60fps)
ハイエンドスペック
(144fps)
OS Windows7/8.1/10(64bit) Windows7/8.1/10(64bit) Windows7/8.1/10(64bit)
グラボ Intel HD 4000 NVIDIA Geforce GT 730 NVIDIA Geforce GTX 1050Ti
グラフィックメモリ 1GB 1GB 1GB
CPU Intel Core 2 Duo E8400 Intel Core i3-4150 Intel Core i5-4460 3.2GHZ
メモリ 4GB 4GB 4GB

必要スペック(低画質30fps)はIntel HD 4000・Intel Core 2 Duo E8400・4GBです。推奨スペック(中画質60fps)はGT 730・Intel Core i3-4150・4GBハイエンドスペック(低画質200fps)はGTX 1050Ti・Intel Core i5-4460・4GBです。

フレームレートはアップデート・環境などで変動します。参考程度に見ていただけると幸いです。

必要動作環境について

必要動作環境(必要スペック)とは最低限必要な動作環境です。
せっかくVALORANTをインストールしてもカクカクしたり、起動できない場合もあります。

必要CPU『Intel Core 2 Duo E8400』

Intel Core 2 Duo E8400は2008年に発売されたCPU。世代でいうと第2世代(現在は第10世代)。Windows XPやWindows VISTAのときに活躍していたCPUです。注意点はIntel Core 2 Duo E8400には内蔵グラフィック機能がありません。

必要メモリ(RAM)『4GB』

メモリは8GB以上が主流のなかVALORANTは4GB。メモリは4GBあれば問題なくプレイできます。

必要グラボ(GPU)『Intel HD 4000』

Intel HD 4000はいわゆるグラボではなくIntelのCPU内蔵のグラフィック機能。

グラボがなくてもプレイできるの!?と勘違いしてしまいそうですが、Intel HD 4000でプレイするとHDの低画質で平均30fps。30fpsでもVALORANTはできるもののカクつきがひどく気持ちが悪くなるのでゲームに集中できません。

推奨動作環境について

推奨動作環境(推奨スペック)は「VALORANTを快適=平均60fpsで楽しみたい!」と希望する方が参考にしています。

推奨CPU『Intel Core i3-4150』

推奨CPUはIntel第4世代『Intel Core i3-4150』。Core i3といえばゲーム向きというより一般PC向けのCPUですが、VALORANTは大変軽いゲームのため快適にプレイするのに十分な性能を持っています。

推奨メモリ(RAM)『4GB』

推奨メモリは必要メモリと同じ4GB。VALORANTはメモリ4GBあれば十分ですが、実況や録画などもやりたい方は8GB以上をおすすめします。

推奨グラボ(GPU)『GT 730』

グラボは2014年に発売されたNvidiaのローエンドモデルGeForce GT730。現在でも1万円以下で購入できるグラボです(アマゾン)。VALORANTをGT730でプレイするとフルHDの中画質で平均60fps、低画質で平均90fps

なめらかに楽しむことができますが、ヌルヌルプレイを希望しているのでしたら下記スペックがおすすめです。

ハイエンドスペック(144fps)について

VALORANTは競技性の高いゲーム。そのため100fps以上でプレイしている方がほとんどです。

大会など目指している方はハイエンドスペックを参考にすることをおすすめします。

VALORANTのハイエンドスペックはグラボがGTX 1050Ti、CPUがCore i5-4460、メモリが4GB。GTX 1050TiはフルHD&高画質で平均180fps、低画質は平均200fps。GTX 1050Ti以上ならフルHDの高画質でヌルヌルプレイができます。

新しくVALORANTのためにゲーミングPCを買うならどれくらいのPCスペックがおすすめなのか見ていきましょう。

【VALORANT】おすすめのPCスペック【当サイト調べ】

ヴァロラントは異常に軽いゲームです。公式スペックを参考にするとヴァロラント以外のゲームでは性能不足でプレイできないことも考えられます。

これからヴァロラント以外でも快適の楽しめるPCスペックをご紹介いたします。

グラボ グラボで解像度&フレームレート&画質が決まります。

ヴァロラントにおすすめのグラボはNVIDIA Geforce GTX1650以上。例えば、GTX1650ならフルHDの高画質で平均200fpsの超ヌルヌルプレイができます。

ただし、ヴァロラントは軽いゲーム。
ヴァロラントだけならGTX1650でも大丈夫ですが、他のゲームには性能が低すぎます。

ヴァロラント以外のゲームでフルHDで楽しみたい方はGTX1660SUPER以上、クラウン戦など競技でも活躍できることやWQHDで楽しみたい方はRTX3070以上、世界タイトルを目指している方や4Kなど高解像度で楽しみたい方はRTX3080以上がおすすめです。

CPU ヴァロラントは大変軽いゲームのため低性能CPU「Core i3」でもプレイできますが、新しくゲーミングPCを買うならおすすめしません。

Core i3は本来一般PC向けのCPUで、PCゲームはCore i5以上を推奨しているものばかり。

あらゆるゲームを楽しみたいと希望しているのでしたらIntel Core i5以上がおすすめです。ヴァロラントをするだけならIntel Core i5-11400F以上、ゲームをしながら配信や録画、さらに画像&動画編集をするならIntel Core i7-11700F以上がおすすめです。

メモリ ヴァロラントはメモリ4GBでもプレイできますが例外と言っても大げさではありません。

大抵のPCゲームはメモリ8GB以上。ヴァロラントだけしかプレイしないなら4GBでも問題ありませんが、いろいろなゲームを楽しみたいのであれば最低でも8GB、できたら16GBがおすすめです。

OS「Windows10」

OSはWindows10がおすすめです。

VALORANTはWindows10以外もサポートしています。
ただマイクロソフトはWindows10以外のOSについては段階的にサポート終了すると発表しています。

● Windows7は2020年1月14日で終了。
● Windows8.1は2023年1月10日で終了。

ゲーム側でも推奨OSにWindows10のみと表記するものも増えてきました。

そのため新しくゲーミングPCを買うならWindows10がおすすめです。

CPU「Intel Core i5 11400F」以上

Intel Core i5 11400F以上がおすすめです。

CPUによってゲームだけでなく配信や動画編集もできるようになります。

● ゲームだけ ⇒ Intel Core i5(Intel Core i5 11400F以上)
● ゲームしながら配信・録画、動画編集 ⇒ Intel Core i7(Intel Core i7 11700以上)

またRTX3070以上のグラボを搭載予定の方はIntel Core i7以上のCPUにすると性能を100%引き出すことができます。

メモリ「16GB」

メモリーは16GBがおすすめです。

VALORANTの使用メモリ量は約5GBなので8GBあれば十分ですが、他のゲームではメモリが足りません。

最近は推奨メモリ16GBのゲームも増えてきました。
そのためあらゆるゲームをやりたい!と希望している方は16GBまで増設しています。

また16GBあれば配信や録画、動画編集もできるようになります。
ただ4K動画の編集をするには16GBでは足りないため32GBまで増設している方が多いです。

グラボ「GTX1660SUPER」以上

VALORANTは非常に軽いゲームのため、現在主流のローエンドグラボGTX1650でも平均170fpsのヌルヌルプレイができます。

ただVALORANT以外のゲームも快適に楽しみたいと希望しているのでしたらGTX1650は性能が低すぎます。

ゲームによってはGTX1650はHDの低画質で快適(平均60fps)にレベルです。

● VALORANT以外のゲームもフルHDで楽しみたい ⇒ GTX1660SUPER~。
● VALORANT以外のゲームもフルHDの最高画質で楽しみたい ⇒ RTX3070~。
● WQHD・4KやフルHDで超ヌルヌルプレイで楽しみたい ⇒ RTX3080~。

【VALORANT】おすすめのグラボは?【ベンチマーク】

VALORANTのグラボ別ベンチマークをご紹介いたします。

注意点はアップデートや修正パッチなどでフレームレートは常に変動するので参考程度に見ていただけると幸いです。

 

高画質設定(MAX)
FHD WQHD 4K
GTX1650 150fps 100fps 50fps
GTX1650SUPER 200fps 140fps 65fps
GTX1660SUPER 230fps 160fps 80fps
RTX2060SUPER 300fps 250fps 140fps
RTX2070SUPER 300fps 300fps 160fps
RTX2080SUPER 300fps 300fps 200fps
RTX2080Ti 300fps 300fps 200fps
RTX3070 300fps 300fps 200fps
RTX3080 300fps 300fps 300fps
RTX3090 300fps 300fps 300fps

【VALORANT】おすすめのゲーミングPC【三選】

ヴァロラントが快適にできて人気のゲーミングPC(デスクトップ)を3台ご紹介いたします。

① ガレリア XA7C-R37【ガチ勢向き】

フルHDの高画質でヌルヌルプレイがやりたい

を求めるガチ勢にRTX3070搭載した【ガレリア XA7C-R37】がおすすめです。

ガレリア XA7C-R37

価格 約23万円 (税込+送料別)≫現在の価格
OS Windows 10 Home 64ビット
グラボ NVIDIA GeForce RTX 3070 8GB GDDR6 (HDMI x1,DisplayPort x3)
CPU インテル Core i7-11700 (2.50GHz-4.90GHz/8コア/16スレッド)
メモリ 16GB DDR4 SDRAM(PC4-25600/8GBx2/2チャネル)
ストレージ 512GB NVMe SSD (M.2 2280,読込速度 3200MB/s,書込速度 2000MB/s)
チップ インテル H570 チップセットATXマザーボード
電源 650W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
保証 【基本保証】1年
【初期不良保証】1週間
【サポート】365日24時間 電話サポート付き
≫ ガレリア XA7C-R37の詳細はコチラ

ヴァロラントをガレリア XA7C-R37搭載のRTX3070ならフルHD&WQHD高画質でも300fpsの超ヌルヌルプレイができます。

そのためヴァロラントでクラン戦をやりたい方など競技を重視しているガチ勢に人気です。(ヴァロラントは公式の大会が実施されています。)

CPUはIntel Core i7  11700にメモリが16GBあるのでヴァロラントしながら配信や録画も余裕でできます。

さらに録画した動画を編集したり、You Tube用のサムネイルのための画像編集もできるほどの性能です。

ストレージもSSDが512GBあるので複数のゲームをインストールすることができます。

≫ ガレリア XA7C-R37の公式サイト

② ガレリア RM5C-G60S【エンジョイ勢におすすめ】

フルHDの高画質で快適に楽しみたい

と希望するエンジョイ勢にGTX1660SUPER搭載【ガレリア RM5C-G60S】がおすすめです。

ガレリア RM5C-G60S

価格 約14万円 (税込+送料別)≫ 現在の価格
OS Windows 10 Home 64ビット
グラボ NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6 (DVI x1,HDMI x1,DisplayPort x1)
CPU インテル Core i5-11400 (2.60GHz-4.40GHz/6コア/12スレッド)
メモリ 16GB DDR4 SDRAM(PC4-25600/8GBx2/2チャネル)
ストレージ 【NVMe SSD】512GB
チップ インテル B560 チップセット マイクロATXマザーボード
電源 550W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
保証 【基本保証】1年
【初期不良保証】1週間
【サポート】365日24時間 電話サポート付き
≫ ガレリア RM5C-G60Sの詳細はコチラ

ガレリア RM5C-G60S搭載のGTX1660SUPERならフルHD高画質平均200fpsの超ヌルヌルプレイができます。しかも低画質なら240fpsなのでフルHDのゲーミングモニター240Hzがあれば超ヌルヌルプレイができます。

もちろん、ヴァロラント以外でもフルHDで楽しむには十分な性能です。

またグラボの性能を活かすにはCPUやメモリも重要。

CPUはIntel Core i5-11400にメモリは16GBあるので問題なくヴァロラントを楽しむことができます。

ストレージはSSDより高速のNVMe SSDが512GBあるので起動スピードが鬼速いです。

ガレリア RM5C-G60Sならパーツを増設することなくゲームが楽しめる一台です。

≫ ガレリア RM5C-G60Sの公式サイト

③ ガレリア ZA7C-R38【プロゲーマー向き】

大会やクラウン戦で絶対に負けられない

という方にRTX3080搭載の【ガレリア ZA7C-R38】がおすすめです。

ガレリア ZA7C-R38の詳細

価格 約31万円 (税込+送料別)≫ 現在の価格
OS Windows 10 Home 64ビット
グラボ NVIDIA GeForce RTX 3080 10GB GDDR6X (HDMI x1,DisplayPort x3)
CPU インテル Core i7-11700K (3.60GHz-5.00GHz/8コア/16スレッド)
メモリ 16GB DDR4 SDRAM(PC4-25600/8GBx2/2チャネル)
ストレージ 【NVMe SSD】1TB
チップ インテル Z590 チップセット ATXマザーボード(ASRock Z590 Steel Legend)
電源 750W 静音電源 (80PLUS GOLD)
保証 【基本保証】1年
【初期不良保証】1週間
【サポート】365日24時間 電話サポート付き
≫ ガレリア ZA7C-R38の詳細はコチラ

RTX30シリーズのRTX3080は高性能のためガチ勢やプロゲーマーから暑い信頼を得ています。

ヴァロラントでの平均フレームレートはフルHD・WQHD・4K高画質300fps。他の追随を寄せ付けないベンチマーク結果となっています。

CPUは最新の第11世代となるインテル Core i7-11700Kを搭載。コア数が8コアあるので4Kでも実況プレイや録画もできます。

注意点はメモリが16GBであること。

4K画質の動画編集をするにはメモリ不足になることがあるので32GBまで増設している方が多いです。

配信や録画、WQHD以下の動画編集をするのであればメモリ16GBあれば大丈夫です。

ストレージはSSDより高速のNVMe SSDが512GBにHDDが2TB。余裕で複数のゲームをインストールしたり、録画した動画を保存することができます。

フルHDから4Kまでを快適にプレイできるRTX3080がおすすめです。

≫ ガレリア ZA7C-R38の公式サイト

【VALORANT】おすすめのゲーミングPC(デスクトップ)【比較】

約14万円 (税込+送料別) 約23万円 (税込+送料別) 約31万円 (税込+送料別)
GTX1660 SUPER 6GB
Core i5-11400
16GB
RTX3070 8GB
Intel Core i7-11700
16GB
RTX3080 11GB
Intel Core i7-11700K
16GB
配信OK
録画OK
画像編集OK
動画編集OK
配信OK
録画OK
画像編集OK
動画編集OK
配信OK
録画OK
画像編集OK
動画編集OK
≫ 詳細はコチラ ≫ 詳細はコチラ ≫ 詳細はコチラ

【VALORANT】おすすめのノートパソコン【二選】

ヴァロラントをノートパソコンで遊びたい方に人気の2台をご紹介いたします。

① ガレリア XL7C-R36

フルHDの低画質でヌルヌルプレイができるノートパソコンを求めている方にガレリア XL7C-R36がおすすめです。

ガレリア XL7C-R36の詳細

価格 約17万円(税込+送料別)≫ 現在の価格
モニター 144Hz 狭額ベゼル 15.6インチ 非光沢フルHD液晶(1920×1080ドット表示)
OS Windows 10 Home 64ビット
グラボ NVIDIA GeForce RTX 3060 6GB + インテル UHDグラフィックス
CPU インテル Core i7-10875H (2.30-5.10GHz/8コア/16スレッド)
メモリ 16GB DDR4 SO-DIMM (PC4-21300/8GBx2/2チャネル)
ストレージ 【NVMe SSD】512GB
カードリーダ SDカードリーダー (SDXC対応)
チップ モバイル インテル HM470チップセット
バッテリ リチウムイオンバッテリー (約 5.8 時間)
保証 【基本保証】1年
【初期不良保証】1週間
【サポート】365日24時間 電話サポート付き
特典 マインクラフト for Windows 10 Starter Collection 同梱版【数量限定】
【特典付き】ガレリア XL7C-R36 ≫

フルHDの高画質で144fps以上(平均250fps)でプレイできます。

さらにガレリア XL7C-R36のモニターは144Hz対応なので、別途ゲーミングモニターを買わなくても最大144fpsプレイができます。

メモリーは16GB、ストレージはSSDより高速のSSDが512GB搭載。

ネットなどの通常利用なら約10時間利用可能。ゲームは負荷がかかるのでバッテリーの持続時間は減るので気をつけてください。

ゲーミングノートパソコンはグラボがあるので重要が増えるのですがガレリア XL7C-R36は2Kg。

薄型なのでリュックへの出し入れもスムーズです。

今なら購入者特典として

● Minecraft Starter Collection

がもらえます。

特典がなくなっても販売価格はかわりません。

そのため少しでもお得にガレリア XL7C-R36をゲットしたい方は下記リンク先にて最新情報がご確認いただけます。

【特典付き】ガレリア XL7C-R36 ≫

② ガレリア GCL1650TGF

「15万円以下でヴァロラントができるノートパソコンがほしい!」

という方におすすめのノートパソコンは【ガレリア GCL1650TGF】です。

ガレリア GCL1650TGFの詳細

価格 約11万円(税込+送料別)≫ 現在の価格
モニター 15.6 インチ 非光沢ワイド LEDバックライト液晶(1920×1080ドット表示)
OS Windows 10 Home 64ビット
グラボ NVIDIA GeForce GTX 1650 Ti GDDR6 4GB + インテル UHDグラフィックス
CPU インテル Core i5-10300H (2.50-4.50GHz/4コア/8スレッド)
メモリ 16GB DDR4 SO-DIMM (PC4-21300/8GBx2/2チャネル)
ストレージ 【NVMe SSD】512GB
カードリーダ SDカードリーダー (SDXC対応)
チップ モバイル インテル チップセット
バッテリー リチウムイオンバッテリー (約 6.5時間)
保証 【基本保証】1年
【初期不良保証】1週間
【サポート】365日24時間 電話サポート付き
特典 マインクラフト for Windows 10 Starter Collection 同梱版【数量限定】
【特典付き】ガレリア GCL1650TGFはコチラ ≫

GTX1650TiはヴァロラントをフルHD低画質で100fps以上(平均130fps)でプレイできます。

注意点はガレリア GCL1650TGFのモニターが60Hzなので、60fps以上出せても60fpsでプレイしているのと同じになります。

そのため60fps以上でプレイするには144Hz以上のゲーミングモニターが別途必要です。

メモリーは16GB、CPUは第10世代のCore i5-10300Hを搭載。

この価格でガレリア GCL1650TGF以上のスペックは他社ではないでしょう。

今なら購入者特典としてMinecraft for Windows 10 Starter Collection 同梱版がもらえます。

数量限定の特典なので興味ある方は下記リンク先にて在庫状況はご確認いただけます。

ガレリア GCL1650TGFはコチラ ≫
(▲特典付きガレリア GCL1650TGFはコチラ▲)

ヴァロラントができるゲーミングPC(ノートパソコン)【比較】

約11万円(税込+送料別) 約17万円(税込+送料別)
・15.6 インチ
・非光沢ワイド
・リフレッシュレート60Hz
・LEDバックライト液晶
・フルHD(1920×1080)
・15.6 インチ
・非光沢ワイド
・リフレッシュレート144Hz
・LEDバックライト液晶
・フルHD(1920×1080)
NVIDIA GeForce GTX 1650Ti 4GB + インテル UHDグラフィックス630 NVIDIA GeForce RTX 3060 6GB + インテル UHDグラフィックス
インテル Core i5-10300H インテル Core i7-10875H
16GB 16GB
約2.1kg 約2Kg(内蔵バッテリー含む)
ガレリア GCL1650TGF ガレリア XL7C-R36