カスタムオーダーメイド 推奨スペックとオススメのVR&PC【2020年版】

カスタムオーダーメイド3D2に必要なものゲーミングPCとVR※。(※ VRプレイをやらない方にVRは必要ありません。)ただ、どれくらいのPCスペックが必要なのか?どのゲーミングPCやVRがいいのか?分かりませんよね。当記事ではカスタムオーダーメイド3D2に必要なPCスペックと、人気のゲーミングPC三選&VRをご紹介いたします。

今回ご紹介するパソコン&VRはコチラ。

【お急ぎの方向け】人気ゲーミングPC&VR

一位ガレリアXA7C-G60S低画質でもOK!の方に人気
二位ガレリア XA7C-R70S最高画質を求める方に人気
三位ガレリアZA7C-R80T最高画質&MODを求める方に人気
【VR】Oculus Rift S (amazon在庫切れ)← VRならコレ(※ Oculus Rift Sはコロナウィルスの影響で在庫切れ&再販が未定の状態です。転売屋から購入すると正規保証対象外になるのでおすすめしません。)

【お急ぎの方向け】人気ゲーミングPC

【別脇】ガレリアXA7C-G60S VR興味なし!の方選ばれているのはコレ

上記の3台はカスタムオーダーメイド3D2・カスタムメイド3D2どちらも楽しむことができます。

【VRやらない】カスタムオーダーメイド3D2 必要スペック・推奨スペック【公式】

カスタムオーダーメイド3D2で『VRプレイをやらない人向けのPCスペック』をご紹介いたします。

必要スペック
(必要環境)
推奨スペック
OS Windows 7/8.1/10 全て64bitのみ対応
GPU 【Nvidia】
GTX 560以上
【AMD】
Radeon R7 260X以上
(DirectX11対応)
【Nvidia】
GTX 760以上
CPU Core i5 4Core 2.5Ghz 以上 Core i5 4Core 3Ghz 以上
メモリ 6GB以上 8GB以上
ストレージ 25GB以上
解像度 1280×720以上 1920×1080以上
ネット環境 ブロードバンド接続(ADSL/FTTH/CATV)8Mbps以上の契約、TCP/IP対応
備考 ● 32bitOSには対応しておりません。
● ノートパソコン、ディスプレイ一体型機種、タブレット型機種は動作保証対象外。
● モバイル用GPU、IntelHDシリーズのGPUは動作保証対象外。
● RadeonHDシリーズのGPUには非対応。
● メーカーから提供されている最新のグラフィックドライバを適用して下さい。
● 本製品に通信環境は必要ではありませんが、オフラインの場合は一部機能が利用できなくなります。
● モバイル通信環境、テザリングには非対応です。
● 最新のサービスパックのみ動作保証対象内です。
● OS製造元のサポート期間に準じます。Windows7は2020年1月までのサポートが告知されています。

【VRやる】カスタムオーダーメイド3D2 VR必須環境【公式】

カスタムオーダーメイド3D2で『VRプレイを希望している方向けのVR&PC環境』をご紹介いたします。

カスタムオーダーメイド3D2 推奨VR環境
VR機器 Oculus Rift S/Oculus Rift CV1/HTC Vive
GPU DirectX11対応GPU/GeForce GTX 970以上
CPU Core i5 4Core 3Ghz 以上
メモリ 8GB以上
備考 ● 各HMDメーカーから提供されている最新のランタイムを適用して下さい。
● ノートパソコン、ディスプレイ一体型機種、タブレット型機種は動作保証対象外。
● モバイル用GPU、IntelHDシリーズのGPUは動作保証対象外。
● RadeonHDシリーズのGPUには非対応。
● メーカーから提供されている最新のグラフィックドライバを適用して下さい。
注意

● VR機器のOculus Rift CV1/HTC Vive販売・生産終了
● Oculus Rift CV1のアップグレード版Oculus Rift Sは購入できる

【当サイト調べ】カスメ3D2が楽しめるVR&PCの組み合わせ【2選】

カスメ3D2を楽しんでいる方々のVRとゲーミングPCの組み合わせをご紹介いたします。

【カスタムオーダーメイド3D2 / おすすめのVR】
VR 備考
Oculus Rift S ● 現在、新品で購入できる推奨VRは『Oculus Rift S』だけ。
● Oculus Rift Sのヘッドセットはメガネをかけていると入らない。
● Oculus Rift Sを使うときコンタクトレンズ推奨。
● Oculus Rift Sの並行輸入品・中古品は正規保証対象外
● Oculus Rift Sの正規保証がつくのは公式サイト&Amazon公式ページだけ
● メガネをかけてプレイしたい方はHTC Viveの後継機『VIVE cosmos』がおすすめ。
● VIVE cosmosはオダメ3D2非推奨なので自己責任。
Oculus公式サイト ≫
Amazon.co.jp
【カスタムオーダーメイド3D2 / おすすめPC環境】
一番人気

ガレリアXA7C-R70S
GPU:
RTX2070 SUPER
● VRゲームはGPUが重要。
● カスメのVRプレイは画質が上がると臨場感&興奮度もアップ!
● Oculus Rift SはRTX2070なら高画質で楽しめる。
CPU:
Core i7-10700
● カスタムオーダーメイド3D2のダンス視聴の快適性はCPUの性能で決まる。
● ダンスシーンではスカートのゆらめきの処理が重い。
● 3人&スカートの激しいダンスは激重。
● 推奨スペックのCore i5より、Core i7のほうが処理能力が優秀なので快適。
メモリ:
16GB
● 同時に録画や配信もできる。
詳細はこちら ≫
二番人気

ガレリアZA7C-R80T
GPU:
RTX2080 Ti
● Oculus Rift Sで最高画質でも楽しめる。
● 4Kモニターで最高画質でも楽しめる。
● 最高峰のグラボ。
● 所有しているだけで羨ましがられる一品。
CPU:
Core i7-10900K
● RTX2080Tiの性能の100%活かすにはCPUが重要。
● Core i7-10700より高性能なCore i7-10700K搭載
メモリ:
16GB
● メモリ16GBで十分。
● 4K動画編集をするなら32GB必要。
詳細はこちら ≫

【COM3D2】おすすめのゲーミングPC【TOP3】

【一位】高画質で楽しみたい方に人気のPC

カスタムオーダーメイドをVRで高画質で楽しみたい

と希望する方に選ばれているのが【ガレリアXA7C-R70S】です。

ガレリアXA7C-R70Sのスペック

価格 約17万円(税別)≫ 現在の価格
OS Windows 10 Home 64ビット
グラフィック NVIDIA GeForce RTX 2070 SUPER 8GB (HDMI x1,DisplayPort x3)
CPU インテル Core i7-10700 (2.90GHz-4.80GHz/8コア/16スレッド)
メモリ 16GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx2/2チャネル)
ストレージ 【NVMe SSD】512GB
マザボ インテル H470 チップセット ATXマザーボード
(※ 価格・スペックなどは予告なく変動します)
≫ ガレリアXA7C-R70Sの詳細はこちら
(↑↑ ガレリアXA7C-R70Sの最新情報はコチラでご確認いただけます ↑↑)
ガレリアXA7C-R70Sでできること ガレリアXA7C-R70Sでできないこと
● 4Kモニターで高画質でオダメをプレイ。
● VRプレイを高画質でオダメをプレイ。
● VRプレイしながら配信&録画。
● 動画編集。
● 画像編集。
● VRプレイを最高画質で楽しむ。
● 4K動画の編集。
→ メモリー32GB増設すると可能。

≫ ガレリア XA7C-R70Sの公式サイト

【2位】最高画質を求める方に人気のPC


せっかく買うなら最高峰のPCがほしい

と希望している方にRTX2080Ti搭載PC【ガレリアZA7C-R80T】が売れています。

ガレリアZA7C-R80Tのスペック

価格 約28万円(税別)≫ 現在の価格
OS Windows 10 Home 64ビット
グラフィック NVIDIA GeForce RTX2080 Ti 11GB (HDMI x1, DisplayPort x2, USB TYPE-C x1)
CPU インテル Core i7-10700K (3.80GHz-5.10GHz/8コア/16スレッド)
メモリ 16GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx2/2チャネル)
ストレージ 【NVMe SSD】1TB
マザボ インテル Z490 チップセット ATXマザーボード
(※ 価格・スペックなどは予告なく変動します)
≫ ガレリアZA7C-R80Tの詳細はコチラ
(↑↑ ガレリアZA7C-R80Tの最新情報はコチラでご確認いただけます ↑↑)

ガレリアZA7C-R80Tのポイント

ガレリアZA7C-R80Tが売れている理由は、

● カスタムオーダーメイド3D2をOculus Rift Sで最高画質で楽しめる。
● カスタムオーダーメイド3D2しながら録画・配信もOK。

増設することなく楽しむことができます。

ただし、注意点もあります。

RTX2080Tiなら4K(解像度)モニターでカスタムオーダーメイド3D2をプレイすることもできますが、配信や録画、動画編集するにはメモリー不足

4K解像度でいろいろ楽しむならメモリー32GBはほしいです。

誤解されがちですが、4K(解像度)モニターで配信などやらないならメモリー16GBで十分です。

≫ ガレリアZA7C-R80Tの公式サイト

 

ポイント

● カスタムオーダーメイド3D2はカスタムメイド3D2の続編。
● カスタムオーダーメイド3D2はVRプレイもできる。
● カスタムオーダーメイド3D2公式推奨スペックは『VRプレイをやる人向け・やらない人向け』の2通りある。