【Apex Legends】推奨スペック&快適にできるゲーミングPC【エーペックス レジェンズ】

Apex Legends(エーペックス レジェンズ)ができるゲーミングPCがほしい!でもPCスペックはどれくらい必要?

こんな疑問にお答えします。

当記事で分かること。

・Apex Legends(エーペックスレジェンズ)の必要スペック・推奨スペック
・【2019年版】Apex Legends(エーペックスレジェンズ)失敗しないゲーミングPCの選び方
・【2019年版】Apex Legends(エーペックスレジェンズ)が快適にできるゲーミングPCトップ3

Apex Legends(エーペックスレジェンズ)が快適にできるゲーミングPCトップ3』ではApex Legends(エーペックスレジェンズ)が快適にできて配信・録画・動画編集・画像編集もできるゲーミングPCをご紹介いたします。

≫ Apex Legends(エーペックスレジェンズ)が快適にできるゲーミングPCトップ3はコチラ

Apex Legends(エーペックスレジェンズ)の必要スペック・推奨スペック

Apex Legends(エーペックスレジェンズ)は基本無料なので誰でも参加できます。

また、推奨スペック以上のゲーミングPCがあればApex Legends(エーペックスレジェンズ)を快適に楽しむことができます。

必要スペック 推奨スペック
OS Windows 7 64ビット版 Windows 7 64ビット版
グラフィック 【NVIDIA】
GeForce GT 640
【Radeon】
HD 7700
【Nvidia】
GeForce GTX 970
【AMD】
Radeon R9 290
グラフィックメモリ 1GB 8GB
CPU 【Intel】
Core i3-6300 3.8GHz
【AMD】
FX-4350 4.2GHz
【Intel】
i5 3570Tおよび同等品
メモリ 6GB 8GB
ストレージ 30GB以上の空き容量 30GB以上の空き容量

Apex Legends(エーペックスレジェンズ)は推奨スペックを参考に!

Apex Legends(エーペックスレジェンズ)は公式でPCスペックについて、以下のような発表をしています。

「Apex Legends」は必要環境を満たしたPCで快適にプレイすることができますが、滑らかな60fpsのフレームレートで最高のプレイ体験を楽しむためには推奨動作環境を用意する必要があります。

つまり、

推奨スペック以下のゲーミングPCではApex Legends(エーペックスレジェンズ)を快適でプレイできない。」

ということです。

Apex Legends(エーペックスレジェンズ)が快適にできるゲーミングPCトップ3

Apex Legends(エーペックスレジェンズ)の推奨スペック以上で、人気のゲーミングPCを3台ご紹介いたします。

エンジョイ勢に人気のゲーミングPC
ガチ勢に人気のゲーミングPC
プロゲーマーに人気のゲーミングPC

【一番人気】エンジョイ勢に人気のゲーミングPCはコレ!

「FHDの最高画質で快適に楽しみたい!」

と希望している方に、

GTX1660 TiのゲーミングPC

が人気です。

GTX1660 TiのゲーミングPCで一番人気はコレ!


ガレリア XT
OS Windows 10 Home 64ビット (ディスク付属)
グラフィック NVIDIA GeForce GTX1660Ti 6GB
CPU インテル Core i7-8700 (3.20GHz-4.60GHz/6コア/12スレッド)
メモリ 8GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/4GBx2/2チャネル)
HDD 1TB HDD
SSD 500GB SSD
光学ディスク なし
マウス なし
キーボード なし
マルチリーダ あり [SD / Micro SD (SDXC対応)]
購入者特典 ・eスポーツ施設24時間分ペアチケットプレゼント【数量限定】
≫ ガレリア XTの販売サイト
(※価格やスペックは予告なく変更します。最新の情報はリンク先でご確認いただけます)

Apex Legends(エーペックスレジェンズ) × GTX1660 6GBのベンチマーク

【 GTX1660 Tiのベンチマーク 】
・フルHDの最高画質で平均110fps

【PCスペック】
GPU:GTX1660 6GB
CPU:Core i5-8600K
メモリ:16GB
【解像度】
FHD(1920*1080)
【画質】
最高画質

ガレリアXTの気になるポイント

ガレリアXTのメモリーを16GBまで増設する方が多いです。

メモリーを16GBまで増やす3つの理由

・推奨メモリー8GB以上のゲームが増えた
・配信や録画をやりたい
・動画編集をやりたい

推奨メモリ8GB以上のゲームが増えた

メモリー8GBでもゲームはできます。

ただ、メモリー不足により平均フレームレートが落ちることもあります。

例えば、推奨メモリー12GBのバトルフィールドV。
メモリー8GBでプレイすると「平均フレームレートが10~20fps落ちた。」と言われています。

メモリー8GBではガレリアXTのせっかく持っている性能を活かしきれません。

そのため、16GBまで増やす方が多いです。

配信や録画をやりたい

Apex Legends(エーペックスレジェンズ)をやりながら、

・実況プレイをやりたい
・録画したい
・友達とボイチャしたい
・攻略方法をネット検索したい

このような希望を叶えるにはメモリー8GBでは足りません。

Apex Legends(エーペックスレジェンズ)で8GB使うので・・・

しかし、メモリー16GBあれば余裕でできます。

 

ガレリアXTが気になるのはメモリーだけ。

8GBのままでもヌルヌルプレイはできますし、16GBまで増やすとApex Legends(エーペックスレジェンズ)以外のゲームも快適に楽しめるようになります。

≫ ガレリア XTの販売サイト

【二番人気】ガチ勢に人気のゲーミングPCはコレ!

「フルHDの最高画質でヌルヌルプレイがやりたい!」

と希望しているガチ勢に、

RTX2070のゲーミングPC

が人気です。

RTX2070で一番人気のゲーミングPCはコレ!


ガレリア ZF
購入者評価 ★★★★☆(2019年3月時点)
OS Windows 10 Home 64ビット (ディスク付属)
グラフィック NVIDIA GeForce RTX2070 8GB
CPU インテル Core i7-9700K (3.60GHz-4.90GHz/8コア/12MBキャッシュ)
メモリ 16GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx2/2チャネル)
HDD 2TB HDD
SSD 500GB SSD
光学ディスク なし
マウス なし
キーボード なし
マルチリーダ あり [SD / Micro SD (SDXC対応)]
値下げ中!!
≫ ガレリア ZFの販売サイト
(※価格やスペックは予告なく変更します。最新の情報はリンク先でご確認いただけます)

Apex Legends(エーペックスレジェンズ)×RTX2070のベンチマーク【FHD&WQHD】

【 RTX2070のベンチマーク 】
・フルHDの最高画質で平均125fps
・WQHDの最高画質で平均70fps

ガレリアZFのおすすめポイント

・Apex Legends(エーペックスレジェンズ)がフルHDで快適
・Apex Legends(エーペックスレジェンズ)がWQHDで快適
・Apex Legends(エーペックスレジェンズ)しながら実況プレイができる
・動画編集ができる性能
・画層編集ができる性能
・VRゲームができる性能

ガレリアZFの性能ならApex Legends(エーペックスレジェンズ)しながら実況プレイ&録画も余裕でできます。別途ソフトが必要ですが、動画や画像編集もできるのでyoutubeへの動画投稿やツイッターへ気に入ったシーンだけ切り取ってアップすることができます。またVR用のヘッドセットがあればVRゲームもできます。

CPUファンは静音性にも配慮した『静音モデル』冷却性に優れていながら、ゲーム中にPCの騒音に邪魔されることはありません。

≫ ガレリア ZFの最新情報はコチラ

【三番人気】プロゲーマーに人気のゲーミングPC

3番人気はRTX2080搭載のガレリアZGです。

Apex Legends(エーペックスレジェンズ)×RTX2080のベンチマーク【FHD&WQHD】

【 RTX2080のベンチマーク 】
・フルHDの最高画質で平均140fps
・WQHDの最高画質で平均90fps

RTX2080ならWQHDで平均90fps。
室内移動なら120fps台のヌルヌルプレイができます。

ただし、細かい描写の多い=グラボに負荷がかかる外の移動は平均80fps台になります。(一瞬70fps台になることも・・・)


ガレリア ZG
購入者評価 ★★★★☆(2019年3月時点)
OS Windows 10 Home 64ビット (ディスク付属)
グラフィック NVIDIA GeForce RTX2080 8GB
CPU インテル Core i7-9700K (3.60GHz-4.90GHz/8コア/12MBキャッシュ)
メモリ 16GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx2/2チャネル)
HDD 3TB HDD《無料アップグレード中》
SSD 512GB NVMe SSD
マルチリーダ あり
マウス なし
キーボード なし
購入者特典 ・eスポーツ施設24時間分ペアチケットプレゼント【数量限定】
詳細はコチラ
(※価格やスペックは予告なく変更します。最新の情報はリンク先でご確認いただけます)

ガレリアZGのおすすめポイント

・Apex Legends(エーペックスレジェンズ)がフルHDで快適
・Apex Legends(エーペックスレジェンズ)がWQHDで快適
・Apex Legends(エーペックスレジェンズ)しながら実況プレイができる
・動画編集ができる性能
・画層編集ができる性能
・VRゲームができる性能

ガレリアZGは最新のRTX2080にCore i7-9700K搭載。メモリも16GBあるので、FHD又は、WQHDどちらで実況プレイしても大丈夫です。

≫ ガレリア ZGの最新情報はコチラ

【Apex Legends(エーペックスレジェンズ)】失敗しないゲーミングPCの選び方

Apex Legends(エーペックスレジェンズ)の推奨スペックではフルHD / 最高画質で平均60fpsに届きません。

画質や解像度を下げるとフレームレートが上がりますが、没入感が失われます。

では、今買えるゲーミングPCで最高画質で平均60fpsでるPCスペックはどれくらい必要なのかご紹介いたします。

・OS
・グラボ
・CPU
・メモリ
・ストレージ(SSD&HDD)

ゲーミングPC選びの参考になれば幸いです。

OS

新しくゲーミングPCを買うならOSでWindows 7はやめましょう。

推奨スペックでWindows 7 64ビット版と書かれています。
ただ、マイクロソフトは「Windows 7のサポートは2020年1月14日まで」と発表しています。

サポートが切れると、例えば他人にPCを乗っ取られるようなセキュリティホールが見つかってもマイクロソフトは放置します。

そのため、現在発売しているゲーミングPCのOSはWindows 10のみ。

Windows 10でもApex Legends(エーペックスレジェンズ)は問題なくできますし、フレームレートに影響はないので安心してください。

グラボ

フルHD(1920*1080)の最高画質で快適に楽しみたい方にはGTX1060 6GB以上がおすすめです。

Apex Legends(エーペックスレジェンズ)はグラフィックの美しさも売りです。

グラフィックの美しさは、グラボの性能が高くなるほどキレイになり、滑らかになります。

推奨スペックのGTX970は、ハッキリ言って快適にプレイできません。

GTX970でフルHDの最高画質のベンチマークは平均50fps、動きの激しいシーンでは30fps台まで落ちてカクつきが目立ちます。
画質や解像度を下げるとフレームレートは上がり快適になりますが、グラフィックの美しさは失われるので没入感がなくなります。

『グラフィックの美しさ + 快適性』を希望している方にはGTX1060 6GB以上がおすすめです。

GTX1060 6GBは平均60fps。
しかも、フレームレートが落ちるシーンでも40fps台でカクつくことはありません。

フレームレートが急激に落ちるシーンの例。

・建物がたくさんあるエリア
・急な振り返り

激しく動くまわっても60fps以下にならないのはGTX1070以上です。
GTX1070ならどんなに激しく動いても60fps以下になりません。

RTX2060 6GBも人気です。

RTX2060 6GBは最新のグラボのため値段が高いですが、フルHD(平均80fps)&WQHD(平均80fps)どちらでも快適です。

(※ 平均フレームレートはアップデートなどで変動します。そのため、ご紹介しているグラボ別フレームレートは参考程度に見ていただけると幸いです。)

最新のグラボがほしい方はRTX2060以上、一世代前のグラボでも問題ない方はGTX1070以上のゲーミングPCがおすすめです。

CPU

CPUは第8世代のi7-8700以上がおすすめ。

PCゲームはCPUの性能も重要です。

例えば、Apex Legends(エーペックスレジェンズ)のようなバトロアゲームでは、60人分の位置情報をリアルタイムで処理しなくてはいけないため、性能が低いと処理が追いつかずゲーム中に常にカクカクします。

デスクトップのCPUは大きくCore i3・Core i5・Core i7とありますが、Core i3は一般PC向けです。
ゲーミングPCはCore i5かCore i7のどちらか搭載しています。

Core i5かCore i7違い

・Core i5はゲームしかしない人向け。
・Core i7はゲームしながら実況プレイする人向け。

Core i5でもApex Legends(エーペックスレジェンズなどできます。
ただ、CPUの使用率が100%近くまでいくので、CPUの温度が激熱になります。

Core i7はCore i5より価格が高いですが高性能。
ゲームしながら実況プレイしてもCore i5ほど高温になりません。

おすすめのCPUは最新の第9世代のCore i5-9600Kかi7-9700Kです。

第9世代の登場で値段が下がってきている第8世代のCore i5-8500かi7-8700もおすすめです。

メモリ

Apex Legends(エーペックスレジェンズ)はメモリー8GBでも大丈夫ですが、16GBあれば最高です。

Apex Legends(エーペックスレジェンズ)のメモリー使用量は、フルHDの最高画質でプレイしながら録画しても8GBを超えません。
そのため、8GBあればApex Legends(エーペックスレジェンズ)しながら録画ができます。

ただし、Apex Legends(エーペックスレジェンズ)しながら配信&録画はメモリが足りません。
メモリー不足のままApex Legends(エーペックスレジェンズ)をするとカクつく、フリーズ、強制終了が起きます。

最高画質でプレイしながら録画も希望している方は16GB以上にする方が多いです。

また、メモリー16GBあれば「Apex Legends(エーペックスレジェンズ)以外のゲームも楽しめます。

例えば、『バトルフィールド1の推奨メモリ16GB』『バトルフィールドVの推奨メモリ12GB』とメモリー8GB以上必要です。

一応、バトルフィールド1はメモリー8GBでもできますが、メモリ不足が足を引っ張り平均フレームレートが20fps落ちてしまいます。

そのため、「Apex Legends(エーペックスレジェンズ)以外のゲームも楽しみたい」と考えている方は最低16GB追加しています。

ストレージ

ゲーミングPCにはSSDが絶対に必要です。

SSDにインストールしてもフレームレートに影響はありません。
ただ、SSDはHDDより起動速度が速い!

例えば、Apex Legends(エーペックスレジェンズ)をインストールするとゲームの立ち上りは速いですし、マップの読み込みが速いためすぐにゲームに参加できます。アナタがHDDで友達がSSDだと、HDDはマップの読み込み速度が遅いので友達を待たせてしまうこともあります。

また、OSをSSDにインストールするとPCの起動も速くなります。

SSDの必要容量は最低240GBはほしいです。

Apex Legends(エーペックスレジェンズ)で30GB以上。
Windows 10ならOSだけで、120GBはほしいです。

つまり。SSDは240GB以上あれば、OSにApex Legends(エーペックスレジェンズ)をインストールしても余裕です。

まとめ

OSはWindow10
グラフィクGTX1060以上、又はRTX2060以上
CPUはi5ならCore i5 8500K以上、i7ならCore i7 8700以上
メモリは16GBあれば安心
ストレージはSSDで240GBあれば安心